×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Cashew Nut(カシューナッツ)

貧血や月経不順・味覚の働きを保つのを改善したりする働きがあると言われおり、便秘の改善・疲労回復・胃潰瘍や動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

含有される成分にはオレイン酸やビタミンB1、鉄、亜鉛などがあります。

オレイン酸はいわゆる不飽和脂肪酸の一つであり、動脈硬化の予防に効果があるとされており、これはコレステロール低下作用があると考えられているためで、他にも便秘や胃潰瘍に対しても役立つと言われています。ビタミンB1には疲労回復、鉄分は貧血を防ぐ、亜鉛は味覚に関与し・成長にも影響を及ぼすとされています。

Almond(アーモンド)

含有される成分にはリノール酸・オレイン酸・ビタミンE/B1/B2・カルシウム・鉄分などがあり、特に、通称"若返りのビタミン"体細胞の老化促進を抑制する効能があるビタミンEが豊富に含まれており、含有されるビタミンE量はナッツの中でもトップクラスと言われています。

ビタミンEには活性酸素の悪さを阻害する作用があり、動脈硬化をはじめとする様々な生活習慣病の予防に効果があるとされています。

ビタミンB1やB2は体力を強めたり、疲労回復や集中力を向上させる働きがあり、カルシウムは骨粗鬆症の予防・イライラ感解消効果、鉄分は貧血の予防に役立つとされています。

リノール酸はコレステロールを減少させ、動脈硬化の予防に有用とされます。

オレイン酸はいわゆる善玉と呼ばれているHDLコレステロールを増加させる一方で、悪玉されるLDLコレステロールを減少させる作用があります。

さらに、食物繊維が12%程度含まれており(ごぼうよりも多い)、便秘解消に効果があります。アルツハイマーや物忘れに効くとも言われています。

Pistachio(ピスタチオ)

疲労を回復させたり、貧血や便秘の改善に役立つと言われています。

また細胞の老化を防ぐ・骨を強くする・高血圧・動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

含有される成分には、リノール酸やオレイン酸をはじめ、カリウム・鉄・ビタミンB1/E/Kなどがあります。

カリウムは、体内の余分なナトリウムを体外へ排泄するのを促進させる働きがあると考えられており、高血圧の予防に効果があるとされています。

ビタミンB1は糖質のエネルギー転換に欠かせない成分であり、疲労の回復に役立つとされます。

ビタミンKは血液凝固(止血)・骨へのカルシウムの定着に効果があります。

Hazel Nut(ヘーゼルナッツ)

カリウム・カルシウム・鉄・ビタミンE/B1/B2など多くのミネラルを含有しています。

心疾患、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病への効果が確認されています。

総コレステロールと血圧を下げる一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)や、血行を促進・老化を防ぐビタミンEが豊富に含まれています。

からだの酸化を防ぎ、血行促進・健康な肌作り・便秘解消・骨粗鬆症予防などにおいても有効に働き、ヘーゼルナッツによる体重の増加はないことも実験により立証されています。

トルコをはじめ多くの国々で、"健康のために毎日ヘーゼルナッツを"と言われています。