×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

読書メモ

宮沢賢治作品を読みました。

オツベルと象

牛飼いが話す物語で、 "オツベルときたら大したもんだ。"というフレーズが印象的だった。 「まあ、よかったねやせたねえ。」みんなはしずかにそばにより、鎖と銅をはずしてやった。 「ああ、ありがとう。ほんとにぼくは助かったよ。」白象はさびしくわらってそう云った。 強調部分は象の気持ちをよく表していると感じた箇所です。